ご挨拶

今年度、改元の年に当法人は開設14年目を迎えます、昨年8月には当法人の事業を支えて下さる皆様の温かいご理解も頂き、「認定NPO法人」として福岡市より認定を受けることができました。

当法人は、高齢や、病になっても人々が住み慣れた家、地域で最後までいつもの暮らしを続けられるようにお手伝いすることを理念に掲げ、平成18年春に「訪問看護ステーションはな、小規模多機能型居宅介護三丁目の花や」を福岡市西区今宿東3丁目に開設しました。

高齢化や、医療を取り巻く社会環境の変化に対応して居宅支援事業を始め、平成22年には福岡市西区下山門2丁目に新たに拠点を増やし地域密着型通所ディサービスこの花を開設ともに本部機能及び「訪問看護スティーションはな・ケアプランセンターはな」を移設しましたまた平成27年には福岡市西区今宿東2丁目に新築移転し、現在は看護小規模多機能型居宅介護三丁目の花やと三丁目の花や訪問看護ステーションとして医療・介護が一体となって、人々を支えるシステムづくりに取り組んできました。

また、非営利の活動として、福岡県の委託事業でもある在宅ホスピスの啓発活動の支援、東日本大震災や熊本地震、広島の水害など被災地へのボランティア活動、地域のまちづくり支援の地域交流事業をおこなってきました

当法人の理念のもと、職員一人一人のケアに対する熱い思いと、皆様の心温かいご支援を力に、より質の高い事業所及びNPO活動をおこなっていきます。

認定特定非営利法人
緩和ケア支援センターコミュニティ

理事長  平野 頼子